6月4日(日) 抄録・プロフィール

オステオロジーシンポジウム

9:15~9:45

Prof.Anton Sculean

Dr.Anton Sculean

【演題】
Predictable periodontal regeneration. From science to clinical implementation

Reconstructive procedures in periodontology aim at regenerating the lost periodontal supporting tissues which have been lost following periodontal diesease. During the last decades, several treatment modalities including the use of bone grafting materials, barrier membranes, enamel matrix derivative, growth and differentiation factors or various combinations thereof, have been shown to promote periodontal regeneration (i.e. formation of cementum, periodontal ligament, alveolar bone and gingiva) to a varying extent. In carefully selected patients and defects, combined with a strict pre -and postoperative infection control, reconstructive periodontal surgery may lead to substantial clinical benefits evidenced by probing depth reduction, clinical attachment level gain and defect fill. Longitudinal studies have also provided evidence for long-term stability of the clinical outcomes, thus indicating that these techniques may improve tooth prognosis and long-term survival.
The presentation will answer the question on the clinical benefit of reconstructive procedures for improving tooth prognosis and provide the clinician with an evidence based clinical concept for regenerative surgery in various indications.

略歴
Professor and chairman of the Department of Periodontology at the University of Berne in Switzerland. He qualified in 1990 at the Semmelweis University in Budapest, Hungary and has received his postgraduate training at the Universities Münster, Germany and Royal Dental College Aarhus, Denmark. He received his Habilitation (PhD) at the University of Saarland, Homburg, Germany. From 2004 to 2008 he was appointed as Head of the Department of Periodontology and Program Director of the EFP accredited postgraduate program at the Radboud University in Nijmegen, the Netherlands. In December 2008, he was appointed Professor and Chairman of the Department of Periodontology of the University of Bern, Switzerland. Professor Sculean has been a recipient of many research awards, among others the Anthony Rizzo Award of the Periodontal Research Group of the International Association for Dental Research (IADR), and the IADR/Straumann Award in Regenerative Periodontal Medicine. He received honorary doctorates (Dr. h.c.) from the Semmelweis University in Budapest, Hungary and from the Victor Babes University in Timisoara, Romania. He has been the author of more than 160 publications in peer reviewed journals. He is on the editorial board of more than 10 dental journals amongst others the Journal of Clinical Periodontology, Clinical Oral Implants Research, Journal of Periodontal Research, Clinical Oral Investigations and Clinical Advances in Periodontics. He is Associate Editor of Quintessence International, Clinical Oral Investigations and Section Editor of BMC Oral Health. Professor Sculean served from 2009-2010 as president of the Periodontal Research Group of the IADR and is currently president of the Swiss Society of Periodontology. His current research interests include periodontal wound healing, regenerative and plastic-esthetic periodontal therapy, treatment of peri-implantitis, antibiotic and antiseptic therapies, laser treatments and oral biofilms. He has authored more than 220 articles in peer-reviewed journals, 12 chapters in periodontal textbooks and has delivered more than 300 lectures at national and international meetings. He is editor of the book Periodontal Regenerative Therapy published by Quintessence in 2010 and guest editor of the Periodontology 2000 Issue entitled "Wound Healing in Periodontology and Implantology".

9:45~10:15

杉山 貴彦 先生

杉山 貴彦先生

【演題】
人工材料によるSoft tissue managementの可能性

インプラント治療において、審美性の確立と長期的安定を達成するためには、Tissue managementの応用が必要であり、Hard tissue managementはSoft tissue managementによって支えられている。
骨増生施行時の手術創の粘膜骨膜弁による完全閉鎖が不可欠で、その際には骨膜への減張切開が必須となるが、その代償として、インプラント周囲角化粘膜の十分な幅の獲得が必要となる。また薄い粘膜は、特に長期的安定の達成には不利な条件になるため、その厚みの増大が必要となる。
今回、主に角化粘膜幅の増大と粘膜の厚みの増大における、人工材料応用の可能性について考えてみたい。

略歴
1989年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1989年〜1997年 日本歯科大学新潟歯学部歯科補綴学教室第二講座在籍
1996年 学位修得
1997年 新潟市にて杉山歯科医院開業
所属学会・団体
日本口腔インプラント学会専門医
日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴額教室第二講座非常勤講師
Vice president of Association of Asia Reconstructive dentistry
日本補綴学会会員
AAP会員

10:15~10:45

和泉 雄一 教授

【演題】
新時代の歯周組織再生治療:前臨床、臨床試験

歯周治療の目標は、第一に、歯周局所からプラーク細菌やその代謝産物等の感染源および感染物質を取り除くことによって,疾患の進行を止めることである。次に、歯周局所の環境を整え、炎症によって破壊された歯周組織を健康な元の状態に回復させることである。
現在、日本における日常臨床で選択可能な歯周組織再生治療としては骨移植術、Guided Tissue Regeneration (GTR)法、Enamel Matrix Derivative (EMD)適用の3つがある。現在用いられている歯周組織再生治療のほとんどが、残存する歯根膜組織中に存在する未分化間葉系細胞や欠損周囲に存在する骨芽細胞を利用して,歯周組織の再生を図ることを基本概念として展開されているが、未だ理想的な歯周組織再生の域に到達していない。そこで新たな歯周組織再生治療が研究・開発され、そのいくつかは臨床試験も行われている。新規骨補填材や細胞増殖因子の利用並びにそれらの組み合わせ、Cell Sheet Engineeringのような細胞移植と多岐にわたる再生治療の前臨床試験、臨床試験が行われ、新しい再生治療の可能性が広がっている。今回、これからの再生治療の展開について考えていきたい。

略歴
1979年 3月 東京医科歯科大学歯学部 卒業
1979年 4月 東京医科歯科大学大学院歯学研究科 入学
1983年 3月 東京医科歯科大学大学院歯学研究科 修了
          歯学博士(東京医科歯科大学)取得
1983年 4月 東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第2講座 助手
1987年10月 ジュネーブ大学(スイス連邦国)医学部歯学科講師(〜平成元年 9月)
1992年 3月 鹿児島大学歯学部歯科保存学講座(2) 助教授
1999年 8月 鹿児島大学歯学部歯科保存学講座(2) 教授
2003年 4月 鹿児島大学歯学部附属病院副病院長
2003年 4月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 教授 (歯周病態制御学分野)
2004年10月 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 病院長補佐
2007年 4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 教授 (歯周病学分野)
現在に至る
所属学会・団体
日本歯周病学会 歯周病専門医(指導医)
日本歯科保存学会 保存治療認定医(指導医)
日本歯周病学会 副理事長
日本歯科保存学会 理事
日本組織工学会 評議員
米国歯周病学会 International Member
米国細菌学会 Active Member

10:45~11:15

山田 陽一 准教授

山田 陽一 准教授

【演題】
歯髄/骨髄幹細胞を用いた再生医療による臨床応用の実際~骨再生から細胞注入による低侵襲歯間乳頭再生法まで~

再生医療はいまや夢物語ではなく、臨床応用から実用化へと進んでいる。我々は骨髄由来間葉系幹細胞を用いて、基礎研究から臨床応用へとevidence baseに発展させ、歯周病、インプラント治療等のための骨増生を低侵襲に行い、良好な長期予後を得てきた。また、歯周組織再生では、細胞を用いることにより生来の再生に成功し、審美的再生として注入のみによる歯間乳頭再生法も実践してきた。さらに、より低侵襲な医療を目指し、智歯などから得られる歯髄幹細胞を用いた臨床応用を行っている。歯髄幹細胞による再生療法は早期に良好な骨が再生され、インプラント治療に有効であることも確認されている。歯髄は歯科医にとって容易に採取可能であるばかりでなく、様々な難治性疾患への応用についても注目されており、今後展開が期待される。本講演では細胞治療の臨床経過の実際と将来展望について考えてみたい。

略歴
1991年 広島大学工学部化学工学科卒業
1995年 大阪大学歯学部歯学科卒業
1996年 名古屋大学大学院医学研究科入学(口腔外科専攻)
1999年 名古屋大学大学院医学研究科短縮修了 医学博士学位授与
2008年 名古屋大学医学部附属病院遺伝子再生医療センター院内講師
2010年 名古屋大学医学部附属病院先端医療・臨床研究支援センター配置換・院内講師
2010年 名古屋大学医学部附属病院歯科口腔外科配置換・院内講師
2011年 名古屋大学医学部附属病院歯科口腔外科客員研究者
2011年 University of California San Francisco留学(客員准教授)
2012年 愛知医科大学医学部歯科口腔外科講師
2012年 愛知医科大学医学部歯科口腔外科准教授・副部長
2014年 愛知学院大学歯学部顎口腔外科学講座非常勤講師
2016年 大阪歯科大学歯学部口腔インプラント学講座非常勤講師
2010年 臨床研修指導歯科医
2012年 日本がん治療認定医機構暫定教育医(歯科口腔外科)
2013年 臨床修練指導歯科医
2015年 再生医療認定医
所属学会・団体
日本口腔外科学会(専門医)
日本口腔科学会(指導医)
日本口腔インプラント学会(専門医)
日本再生医療学会
日本歯科保存学会
日本歯周病学会
日本抗加齢学会
日本炎症・再生医学会
日本顎顔面インプラント学会(指導医)
日本炎症・再生医学会評議員
日本口腔外科学会代議員
日本顎変形症学会
東京大学医科学研究所附属病院ヒト幹細胞臨床研究審査委員会委員
日本癌学会
日本再生医療学会代議員
日本口腔インプラント学会倫理委員会・倫理審査委員会委員

12:00~12:30

Prof.Mariano Sanz

Dr.Mariano Sanz

【演題】
The treatment of residual alveolar crests with bone defects. Evidence-based decision making

Alveolar bone loss can be the result of trauma, pathology, infections, but most frequently it is a physiological consequence of tooth extraction or tooth loss. These changes in the residual alveolar crest frequently influence the bone availability needed for optimal placement of dental implants and, hence, bone regenerative procedures with an effective use of biomaterials are needed either in conjunction or staged with the implant placement.
For horizontal bone augmentation a recent systematic review has demonstrated that both the use of xenografts, mainly deproteinized bovine bone mineral (DBBM) and different alloplasts, mainly biphasic combinations of hydroxyapatite + beta tricalcium phosphates (BCG) are able to provide an osteoconductive scaffold to support guided bone regeneration procedures and hence effective bone regeneration. In large crestal defects requiring for both lateral and vertical bone augmentation the use of monocortical autogenous cortico-cancellous block grafts is still the recommended bone replacement graft, although both xenografts and allografts are also been currently tested in clinical trials.
In this presentation we shall review the surgical protocols for both the staged and the simultaneous approach. Special emphasis will be placed on the biological principles needed for effective bone regeneration and the role of the bone substitutes to influence the regenerative outcomes.

略歴
Present Position Professor and Chair of Periodontology, Department of Stomatology III, Faculty of Odontology, University Complutense, Madrid, Spain
Educational Background
1981 M.D. Licensed, School of Medicine, University Complutense Madrid, Spain.
1983 D.D.S. School of Stomatology, University Complutense Madrid, Spain.
1993 Dr. Med. Degree of Doctor in Medicine (Thesis). School of Medicine, University Complutense of Madrid, Spain.
1987 Specialist in Periodontology - University of California , Los Angeles (UCLA) - Graduate Periodontology.
2010 Honorary Doctorate. University San Sebastian. Santiago de Chile
Administration Experience
1992-1995 Associate Dean for Postgraduate Education
1996-1997 Associate Dean for International Affairs
1997-2004 Associate Dean for Postgraduate Education
2005-2013 Dean
1987-   present Co-Director of the Postgraduate Programme in Periodontology (Magister in Periodontology – European Federation of Periodontology-Accredited)
2006-2013 Chairman Spanish Conference of Dental Deans
2008-2013 Chairman European Council of Dental Deans
Past Positions
1983-1984 Assistant Professor, School of Stomatology, Dept. of Oral Medicine and Periodontology, Univ. Complutense of Madrid, Spain
1985-1987 Visiting Assistant Professor, UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1987-1988 Associate Professor, School of Stomatology, University Complutense of Madrid, 28040 Madrid, Spain, (91) 2441715
1988    -present Lecturer - UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1993  -present School of Dentistry, Sec. of Periodontics, University of Pennsylvania – Philadelphia
Organizations
1991-1996 President Spanish Society of Periodontology
1992-1997 Secretary General - Association for Dental Education in Europe (ADEE)
1993-1994 President - European Federation of Periodontology (EFP)
1998-2005 Secretary General - European Federation of Periodontology (EFP)
1997-1998 Secretary General - International Federation of Dental Education Associations (IFDEA)
1993-1996 Member of the International Leadership Forum for Dentistry representing IFDEA
1993-1995 Leader of the FDI - working group ""Flexibility in the Dental Curriculum ""
1997-1998 President of the IADR-Continental European Division
1998-2000 President-elect Association for Dental Education in Europe (ADEE)
2000-2004 Member of the IADR Board of Directors – International Association for Dental Research
1999-2013 Councilor of the IADR-Continental European Division
2008-2013 President of the Pan European Region of the International Association for Dental Research
2008-   present Chairman of the Workshop Committee - European Federation of Periodontology (EFP)
2011-   present Member of the Executive Board of the Osteology Foundation

12:30~13:00

村上 伸也 教授

村上 伸也教授

【演題】
サイトカイン療法および幹細胞移植療法による歯周組織再生誘導

我々の研究室では、強力な血管新生作用と間葉系細胞の増殖誘導能を有する塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)を歯周外科時に歯周組織欠損部に局所投与することにより同組織の再生を誘導・促進しようとする、新規歯周組織再生療法の開発に取り組んできた。さらに、歯周病患者の腹部脂肪組織から脂肪組織由来多系統前駆細胞(Adipose tissue-Derived Multi-lineage Progenitor Cells: ADMPC)を採取し、ADMPCを歯周組織欠損部へ移植することによる歯周組織再生誘導の可能性についても検討を行っている。今回の講演では、これらの新規治療法の開発の現状についてご報告する。

略歴
昭和59年3月 大阪大学歯学部 卒業
昭和63年3月 大阪大学大学院 歯学研究科 修了
昭和63年10月 米国国立衛生研究所(NIH)研究員(visiting fellow)
平成2年12月 大阪大学・助手 歯学部
平成4年6月  大阪大学・講師 歯学部附属病院
平成12年6月 大阪大学・助教授 大学院歯学研究科
平成14年2月 〜 現在に至る 大阪大学・教授 大学院歯学研究科
(口腔分子免疫制御学講座 歯周病分子病態学・歯周病診断制御学分野)
平成20年4月 大阪大学歯学部附属病院 副病院長
平成28年4月 〜 現在に至る 大阪大学歯学部附属病院 病院長
現在
    大阪大学 教授
    大学院歯学研究科分子病態口腔科学専攻
    口腔分子免疫制御学講座
    歯周病分子病態学・歯周病診断制御学分野
所属学会・団体
日本歯周病学会(専門医・指導医)
日本歯科保存学会(専門医・指導医)
日本歯周病学会:常任理事
日本歯科保存学会:理事
日本炎症・再生医学会:評議員
日本再生医療学会:代議員
JADR: President(2011-2012)
Asian Pacific Society of Periodontology (APSP): General Secretary
IADR Periodontal Research Group: President (2013-2014)

Journal of Periodontal Research: Editor-in-Chief (2008/7)
Journal of Periodontology: Editorial Advisory Board
Journal of Clinical Periodontology: Editorial Board

13:00~13:30

髙橋 哲 教授

髙橋 哲教授

【演題】
リン酸オクタカルシウム・コラーゲン複合体による顎骨・歯槽骨の再建

リン酸オクタカルシウム(Octacalcium phosphate: OCP)は生体アパタイトの前駆物質で,実際に生体内でのOCPの存在が確認されている.合成OCPを用いたわれわれの研究から,合成OCPが優れた生体内吸収性と骨再生能を示すことを確認してきた.またその能力は同じリン酸カルシウム製剤のβ-tricalcium phosphateやHydroxyapatiteよりも優れていることもin vitroおよびin vivoの研究において確認した.操作性の改善を目的としてOCPとコラーゲンとの複合体(OCP/Collagen)を作製した結果,OCP/CollagenはOCP単体よりも骨再生能が向上することが明らかになった.またこのOCP/Collagenの特徴として、osteoconductivityのみならずosteoinductivityを持つことが明らかとなり、従来の骨補填材よりも速やかな骨再生が起きることが明らかになりつつある。本講演では、これまでの我々の基礎的な研究から臨床応用について示し、OCP/Collagenの今後の顎骨・歯槽骨の再建とインプンラト治療への応用について俯瞰する。

略歴
昭和58年 東北大学歯学部卒業
昭和62年 東北大学大学院歯学研究科終了
昭和62年9月 南カリフォルニア大学医学部臨床免疫学客員研究員
昭和63年11月 英国ユニバーシティーカレッジ帝国癌基金客員研究員
平成元年7月 米国南カリフォルニア大学医学部臨床免疫学研究助手
平成2年8月 東北大学歯学部口腔外科学第二講座 助手
平成6年4月 秋田大学医学部・歯科口腔外科・助手 翌年 講師昇任
平成12年7月 九州歯科大学第二口腔外科学講座 (現口腔顎面外科学講座形態機能再建学分野)教授
平成24年4月 東北大学大学院歯学研究科顎顔面・口腔外科学分野 教授
平成28年4月 東北大学病院総括副病院長
所属学会・団体
日本口腔外科学会専門医
日本口腔外科学会指導医
日本顎顔面インプラント学会指導医
日本顎関節学会専門医
日本顎関節学会指導医
日本がん治療認定機構暫定教育医(歯科口腔外科)

15:10~16:10

Prof.Mariano Sanz

Dr.Mariano Sanz

【演題】
Interactive session - What is "best practice"?

Prof. Sanzの症例について齋藤淳教授と二階堂雅彦先生にご対談いただくセッションです。両先生方の学術的、臨床的な高いご見識を伺います。

略歴
Present Position Professor and Chair of Periodontology, Department of Stomatology III, Faculty of Odontology, University Complutense, Madrid, Spain
Educational Background
1981 M.D. Licensed, School of Medicine, University Complutense Madrid, Spain.
1983 D.D.S. School of Stomatology, University Complutense Madrid, Spain.
1993 Dr. Med. Degree of Doctor in Medicine (Thesis). School of Medicine, University Complutense of Madrid, Spain.
1987 Specialist in Periodontology - University of California , Los Angeles (UCLA) - Graduate Periodontology.
2010 Honorary Doctorate. University San Sebastian. Santiago de Chile
Administration Experience
1992-1995 Associate Dean for Postgraduate Education
1996-1997 Associate Dean for International Affairs
1997-2004 Associate Dean for Postgraduate Education
2005-2013 Dean
1987-   present Co-Director of the Postgraduate Programme in Periodontology (Magister in Periodontology – European Federation of Periodontology-Accredited)
2006-2013 Chairman Spanish Conference of Dental Deans
2008-2013 Chairman European Council of Dental Deans
Past Positions
1983-1984 Assistant Professor, School of Stomatology, Dept. of Oral Medicine and Periodontology, Univ. Complutense of Madrid, Spain
1985-1987 Visiting Assistant Professor, UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1987-1988 Associate Professor, School of Stomatology, University Complutense of Madrid, 28040 Madrid, Spain, (91) 2441715
1988    -present Lecturer - UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1993  -present School of Dentistry, Sec. of Periodontics, University of Pennsylvania – Philadelphia
Organizations
1991-1996 President Spanish Society of Periodontology
1992-1997 Secretary General - Association for Dental Education in Europe (ADEE)
1993-1994 President - European Federation of Periodontology (EFP)
1998-2005 Secretary General - European Federation of Periodontology (EFP)
1997-1998 Secretary General - International Federation of Dental Education Associations (IFDEA)
1993-1996 Member of the International Leadership Forum for Dentistry representing IFDEA
1993-1995 Leader of the FDI - working group ""Flexibility in the Dental Curriculum ""
1997-1998 President of the IADR-Continental European Division
1998-2000 President-elect Association for Dental Education in Europe (ADEE)
2000-2004 Member of the IADR Board of Directors – International Association for Dental Research
1999-2013 Councilor of the IADR-Continental European Division
2008-2013 President of the Pan European Region of the International Association for Dental Research
2008-   present Chairman of the Workshop Committee - European Federation of Periodontology (EFP)
2011-   present Member of the Executive Board of the Osteology Foundation

齋藤 淳 教授

略歴
平成元年  東京歯科大学 卒業
平成5年 東京歯科大学大学院歯学研究科 修了 博士(歯学)
平成6年 日本歯周病学会歯周病専門医
米国New York州,State University of New York at Buffalo, Dept. of Oral Biology 客員研究員 (Director: Prof. Robert J Genco)(平成8年まで)
平成10年 東京歯科大学歯科保存学第二講座(現 歯周病学講座) 講師
平成11年 齋藤歯科(仙台市青葉区)副院長,東京歯科大学歯科保存学第二講座 講師(非常勤)
平成14年 日本歯周病学会指導医
平成15年 宮城高等歯科衛生士学院 教務部長
平成19年 東京歯科大学口腔健康臨床科学講座 講師 (水道橋病院総合歯科)
平成23年 東京歯科大学歯周病学講座 教授,講座主任
平成26年 東京歯科大学水道橋病院保存科部長
現在に至る

二階堂 雅彦 先生

略歴
1981年 東京歯科大学卒業
1997年 タフツ大学歯学部歯周病学大学院修了
2003年 アメリ歯周病ボード認定専門医
2006年~東京歯科大学臨床教授
2008年~東京医科歯科大学歯周病学分野非常勤講師
2015年4月~2017年3月 日本臨床歯周病学会理事長
現在 医療法人嚆矢会二階堂歯科医院 (東京都中央区)

16:40~17:10

Dr.Mario Roccuzzo

Dr.Mario Rocuzzo

【演題】
Regenerative approaches for the treatment of per-implantitis

Recent long-term studies showed that patients with a history of periodontitis present a lower survival rate and a higher number of sites with biological complications. Therefore, an individualized supportive care program, with a continuous monitoring of the peri-implant tissue conditions, is recommended for the early diagnosis of peri-implant disease. Nevertheless, when peri-implantitis has already caused extensive bone resorption, the dentist faces the dilemma of when regenerative therapy is appropriate to maintain the implant or removal and replacement with a new implant should be preferred. Even though, no surgical technique is currently available to predictably regain osseointegration, a novel protocol for regeneration will be described. Long-term results will be presented to support the efficacy of this treatment modality.

略歴
・Graduated cum laude from the School of Dental Medicine of Torino in 1987.
・Postgraduate education in Periodontology in Stockholm, Sweden and at the University of Siena, Italy.
・Research activity in the field of periodontal plastic surgery, bone regeneration, early loading of implants and implants in periodontally compromised patients.
・Faculty member in the Division of Oral & Maxillofacial Surgery at the University of Torino.
・Lecturer in Periodontology at the University of Torino.
・Active member of the Italian Society of Periodontology, ITI fellow, and member of the ITI University Committee.
・Member of the Editorial Board of Clinical Oral Implants Research and The European Journal of Esthetic Dentistry.
・Awarded for the best clinical presentation on implants in periodontally compromised patients at the 2009 EAO Congress in Montecarlo and for the best published research article on the same subject by the German Society of Periodontology in 2010.
・Winner of the 2013 Osteology Clinical Research Prize on Long-term stability of soft tissues around implants following ridge preservation.
・Private practice with activity limited to Periodontology and Implantology, in Torino, Italy.

17:10~17:40

船越 栄次 先生

船越 栄次先生

【演題】
インプラント周囲炎への予防的アプローチとインプラント埋入部位への再生的アプローチ

インプラント周囲炎を未然に防ぐことを念頭においた治療、即ちインプラント埋入前にインプラント周囲炎のリスクファクターをできるだけ減少させ、埋入後はその予防的処置を行うことで、トラブルの少ない結果を得ているので報告したい。
また、インプラントサイトの骨欠損部の再生にはGBR法が適用されるが、この処置は侵襲性の大きい処置であることは周知のことである。そこで今回、患者に優しい低侵襲性のGBR "Open Barrier Membrane Technique "の良好な結果についても考察してみたい。

略歴
昭和46年3月 福岡県立九州歯科大学卒業
昭和48年4月 Tufts大学大学院卒業 Certificate of Periodontology授与
昭和48年5月 Indiana大学歯学部助教授(昭和52年6月まで)
昭和51年4月 Indiana大学院卒業 Master of Science in Dentistry授与
昭和52年7月 Indiana大学歯学部准教授(昭和53年6月まで)
昭和53年    日本大学歯学部兼任講師(平成元年まで)
昭和55年8月 福岡市にて船越歯科歯周病研究所 開業
昭和57年4月 鹿児島大学歯学部非常勤講師(平成11年 3月まで)
昭和60年4月 九州歯科大学非常勤講師(平成22年3月まで)
昭和61年11月 日本歯周病学会評議員 (現在に至る)
昭和63年5月 FICD(国際歯科学士会)認証
平成元年10月 日本歯周病学会専門医・指導医認定 (現在に至る)
平成4年4月 日本歯周病学会理事(現在に至る)
平成10年10月 FACD(米国歯科学士会)認証
平成11年12月 九州大学歯学部臨床教授(平成24年3月まで)
平成15年 4月 日本歯周病学会常任理事(平成19年3月まで)
平成15年4月 日本臨床歯周病学会理事長(平成19年5月まで)
平成15年9月 日本臨床歯周病学会認定医・指導医(現在に至る)
平成17年 9月 ITI section Japan Chairman(現在に至る)
平成22年4月 福岡歯科大学臨床教授(平成23年3月まで)
    九州歯科大学臨床教授(現在に至る)
平成27年4月 ITI Board Member(現在に至る)