大会スケジュール

2017年6月3日(土)

8:30~9:50

ハンズオンワークショップ

Clinical Concepts in Periodontal Plastic Surgery

Prof.Anton Sculean

審美領域におけるチタンメッシュを使用したGBR

石川 知弘 先生

9:50~10:00

Coffee Break

10:00~11:30

ハンズオンワークショップ

Clinical Concepts in Periodontal Plastic Surgery

Prof.Anton Sculean

審美領域におけるチタンメッシュを使用したGBR

石川 知弘 先生

11:30~12:00

Lunch Break

11:55~13:55 Afternoon Session 1

Moderator
春日井 昇平 教授

春日井 昇平 教授

略歴
1979年 東京医科歯科大学歯学部卒業
1983年 東京医科歯科大学歯学研究科大学院修了(歯学博士)
1983年 東京医科歯科大学歯学部 助手(歯科薬理)
1989年 トロント大学歯学部 ポスドク (MRC Group in Periodontal Physiology)
1991年 東京医科歯科大学歯学部 講師(歯科薬理)
1995年 東京医科歯科大学歯学部 助教授(歯科薬理)
2000年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授(摂食機能制御学)
2001年 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 インプラント外来科長(併任)
2004年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学(名称変更)教授

【11:55~12:00】

Opening Clinical Forum

【12:00~12:30】

歯肉審美獲得のための包括的アプローチ

瀧野 裕行 先生

【12:30~13:00】

DBBMを効果的に応用する審美領域における硬組織増生

中田 光太郎 先生

【13:00~13:45】

Ridge preservation and soft tissue management

Dr.Mario Roccuzzo

【13:45~13:55】

Speakers and moderator of the session

13:55~14:25

Coffee Break

14:25~16:20 Afternoon Session 2

Moderator
申 基喆 教授

申 基喆 教授

略歴
1983年 城西歯科大学(現,明海大学歯学部)卒業
1986年 城西歯科大学助手
1992年 明海大学歯学部講師
1998年 明海大学歯学部歯周病学講座に転属
1999年 明海大学歯学部助教授
2003年 明海大学歯学部教授
(2004年4月より、講座再編により明海大学歯学部口腔生物再生医工学講座 歯周病学分野)となる
2008年 明海大学歯学部附属明海大学病院 病院長(2016年3月まで)
2012年 明海大学歯学部PDI統括部長(2016年3月まで)
2016年 明海大学歯学部 教務部長
現在に至る
所属学会・団体
日本歯周病学会(理事,専門医,指導医)
日本歯科保存学会(理事,認定医,指導医)
日本再生歯科医学会(理事)
日本有病者歯科医療学会(認定医,指導医)
国際インプラント会議日本部会(WCOI)理事
日本顎咬合学会(評議員,指導医)
アメリカ歯周病学会(AAP)会員
ITI Fellow

【14:25~14:55】

審美領域におけるテイッシュマネージメントの時期と治療戦略

小濱 忠一 先生

【14:55~15:25】

経過例からインプラント周囲粘膜のBoiologic Widthを検証する

榎本 紘明 先生

【15:25~16:10】

Treatment concepts for plastic periodontal and implant surgery

Prof.Anton Sculean

【16:10~16:20】

Speakers and moderator of the session

16:20~16:50

Coffee Break

16:50~18:45 Afternoon Session 3

Moderator
勝山 英明 先生

勝山 英明 先生

略歴
1991年 九州大学大学院歯学臨床系口腔外科学専攻、同大学院修了
    九州大学医学部薬理学教室出向
1991〜1993年 ハーバード大学医学部
Beth Israel Hospital, De¬part¬ment of Medicine, Research fellow
2000年 MMデンタルクリニックインプラントセンター開院
2001年 医療法人社団さくら会 理事長 就任
所属学会・団体
日本口腔インプラント学会 指導医・専門医、認定臨床研修施設施設長
日本顎顔面インプラント学会 指導医
歯科医師臨床研修 指導医
ITI(International Team for Implantology) Section Japan教育監事
神奈川歯科大学 客員教授
東京医科歯科大学 臨床教授
Center of Implant Dentistry(CID) 代表顧問
医療法人社団さくら会 理事長

【16:50~17:20】

補綴主導型インプラント治療での水平的・垂直的GBRの必要性とその検証

船登 彰芳 先生

【17:20~17:50】

GBR-New 臨床術式とその評価

中村 社綱 先生

【17:50~18:35】

Staged versus simultaneous lateral bone augmentation. Critical aspects in decision making

Prof. Mariano Sanz

【18:35~18:45】

Speakers and moderator of the session

18:45~18:50

Closing

2017年6月4日(日)

9:00~9:15

Welcome and Opening

Prof. Mariano Sanz/渡邉 文彦 教授

9:15~11:30 Session 1

Moderator
日高 豊彦 先生

日高 豊彦 先生

略歴
1982年 鶴見大学歯学部卒業
1986年 日高歯科クリニック開設
所属学会・団体
鶴見大学歯学部 臨床教授
東京医科歯科大学 非常勤講師
顎咬合学会 指導医
日本口腔インプラント学会 専門医
東京SJCD顧問
SJCDインターナショナル 常任理事
OJ理事
著書
『Solutions for Dental Esthetic』クインテッセンス出版株式会社
『メタルフリー自由自在』デンタルダイヤモンド社
『基本歯冠修復治療』共著, 医歯薬出版株式会社
その他

【9:15~9:45】

Predictable periodontal regeneration. From science to clinical implementation

Prof.Anton Sculean

【9:45~10:15】

人工材料によるSoft tissue managementの可能性

杉山 貴彦 先生

【10:15~10:45】

新時代の歯周組織再生治療:前臨床、臨床試験

和泉 雄一 教授

【10:45~11:15】

歯髄/骨髄幹細胞を用いた再生医療による臨床応用の実際~骨再生から細胞注入による低侵襲歯間乳頭再生法まで~

山田 陽一 准教授

【11:15~11:30】

Speakers and moderator of the session

11:30~12:00

Coffee Break

12:00~13:45 Session 2

Moderator
堀内 克啓 先生

堀内 克啓 	先生

略歴
1975年 4月 大阪大学歯学部入学
1981年 3月 同上、卒業
1981年 4月 奈良県立医科大学口腔外科入局
1984年 7月 同上、助手
1992年 3月 同上、講師
1992年10月 同上、助教授
1999年 3月 同上、助教授退職
1999年 4月 中谷歯科医院副院長
2003年 7月 Scientific Advisor & Clinical Consultant, Nobel Biocare Japan
2005年 4月 大阪大学歯学部臨床教授
2007年 4月 長崎大学歯学部口腔外科学非常勤講師
2009年 1月 中谷歯科医院院長 現在に至る
2012 年 5月 岩手医科大学歯学部補綴・インプラント学講座非常勤講師
2014 年 4月 Japan Association of Clinical Implant Dentistry (JACID)
日本口腔インプラント学会の指定研修施設)施設長
2014 年 8月 Advanced Implant Institute of Japan (AII)主宰
2014 年 9月 南カリフォルニア大学歯学部客員教授
所属学会・団体
日本口腔外科学会(指導医、専門医)
日本口腔インプラント学会(指導医、専門医)
日本歯科麻酔学会(認定医)
日本顎変形症学会

【12:00~12:30】

The treatment of residual alveolar crests with bone defects. Evidence-based decision making

Prof. Mariano Sanz

【12:30~13:00】

サイトカイン療法および幹細胞移植療法による歯周組織再生誘導

村上 伸也 教授

【13:00~13:30】

リン酸オクタカルシウム・コラーゲン複合体による顎骨・歯槽骨の再建

高橋 哲 教授

【13:30~13:45】

Speakers and moderator of the session

13:45~15:00

Lunch Break

15:00~15:10

Osteology Japan 2017 Poster Presentation Awards
Prof. Mariano Sanz 渡邉 文彦 教授 齋藤 淳 教授

15:10~16:10 Session 3

Moderator
Prof. Mariano Sanz

Prof. Mariano Sanz

略歴
Present Position Professor and Chair of Periodontology, Department of Stomatology III, Faculty of Odontology, University Complutense, Madrid, Spain
Educational Background
1981 M.D. Licensed, School of Medicine, University Complutense Madrid, Spain.
1983 D.D.S. School of Stomatology, University Complutense Madrid, Spain.
1993 Dr. Med. Degree of Doctor in Medicine (Thesis). School of Medicine, University Complutense of Madrid, Spain.
1987 Specialist in Periodontology - University of California , Los Angeles (UCLA) - Graduate Periodontology.
2010 Honorary Doctorate. University San Sebastian. Santiago de Chile
Administration Experience
1992-1995 Associate Dean for Postgraduate Education
1996-1997 Associate Dean for International Affairs
1997-2004 Associate Dean for Postgraduate Education
2005-2013 Dean
1987-   present Co-Director of the Postgraduate Programme in Periodontology (Magister in Periodontology – European Federation of Periodontology-Accredited)
2006-2013 Chairman Spanish Conference of Dental Deans
2008-2013 Chairman European Council of Dental Deans
Past Positions
1983-1984 Assistant Professor, School of Stomatology, Dept. of Oral Medicine and Periodontology, Univ. Complutense of Madrid, Spain
1985-1987 Visiting Assistant Professor, UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1987-1988 Associate Professor, School of Stomatology, University Complutense of Madrid, 28040 Madrid, Spain, (91) 2441715
1988    -present Lecturer - UCLA School of Dentistry, Sec. of Periodontics, Los Angeles, CA 90024, (213) 825-5543
1993  -present School of Dentistry, Sec. of Periodontics, University of Pennsylvania – Philadelphia
Organizations
1991-1996 President Spanish Society of Periodontology
1992-1997 Secretary General - Association for Dental Education in Europe (ADEE)
1993-1994 President - European Federation of Periodontology (EFP)
1998-2005 Secretary General - European Federation of Periodontology (EFP)
1997-1998 Secretary General - International Federation of Dental Education Associations (IFDEA)
1993-1996 Member of the International Leadership Forum for Dentistry representing IFDEA
1993-1995 Leader of the FDI - working group ""Flexibility in the Dental Curriculum ""
1997-1998 President of the IADR-Continental European Division
1998-2000 President-elect Association for Dental Education in Europe (ADEE)
2000-2004 Member of the IADR Board of Directors – International Association for Dental Research
1999-2013 Councilor of the IADR-Continental European Division
2008-2013 President of the Pan European Region of the International Association for Dental Research
2008-   present Chairman of the Workshop Committee - European Federation of Periodontology (EFP)
2011-   present Member of the Executive Board of the Osteology Foundation

【15:10~16:10】

Interactive session - What is "best practice"?

齋藤 淳 教授/二階堂 雅彦 先生

16:10~16:40

Coffee break

16:40~17:55 Session 4

Moderator
小宮山 彌太郎 先生

小宮山 彌太郎 	先生

略歴
1971年 東京歯科大学卒業
1976年 東京歯科大学大学院修了 東京歯科大学 歯学博士
(歯科補綴学専攻 故関根 弘教授に師事)
1976年 東京歯科大学歯科補綴学第三講座助手
1977年 東京歯科大学歯科補綴学第三講座講師
1980~1983年 スウェーデン、イェーテボリ大学歯学部歯科補綴学、 および医学部解剖学客員研究員(故ヘデゴード教授、故ブローネマルク教授に師事)
1990年 東京歯科大学歯科補綴学第三講座助教授
1990年 東京歯科大学 辞職
1990年 東京歯科大学歯科補綴学第三講座非常勤講師
1990年 ブローネマルク・オッセオインテグレイション・センター開設
2003年 大阪大学歯学部非常勤講師
2006年 東京歯科大学臨床教授
2006年 神奈川歯科大学客員教授
2011年〜2014年 日本補綴歯科学会副理事長
2013年 昭和大学歯学部客員教授
2013年 徳島大学歯学部非常勤講師
2014年 奥羽大学歯学部客員教授

【16:40~17:10】

Regenerative approaches for the treatment of per-implantitis

Dr.Mario Roccuzzo

【17:10~17:40】

インプラント周囲炎への予防的アプローチとインプラント埋入部位への再生的アプローチ

船越 栄次 先生

【17:40~17:55】

Speakers and moderator of the session

17:55~18:05

Closing